面倒な脱毛はこれでお終い?レーザー脱毛の特徴を理解して美肌を保とう!


脱毛処理による肌への悪影響の詳細

脱毛処理は美肌にこだわる人にとっては無視出来ない問題です。体毛を人為的に取り除く脱毛処理は肌に強い刺激をもたらすので、毛穴の周囲に痛みや炎症などの不具合が生じることがあります。特に表皮が柔らかい部位の脱毛を頻繁に繰り返すと角質化や色素沈着などの重大なトラブルに発展する可能性も否定出来ません。また、体毛が新たに伸びる際に毛穴の中で丸まってしまう埋没毛の状態になるケースもあります。埋没毛は毛穴が黒く変色して見栄えが悪くなる他、伸びた体毛が神経を刺激して激痛をもたらすこともあるので注意が必要です。脱毛は綺麗な肌に仕上げる目的で行いますが、処理の方法を誤ると却って肌の状態を悪化させてしまうことから、出来るだけ刺激が少ない方法を選ぶ必要があります。

レーザー脱毛の魅力と利用する際の注意点

レーザー脱毛は体毛の毛根部分にレーザーを照射して焼き潰す処理方法です。毛根を完全に破壊することで新たな発毛を防ぎ、一度の処理で美肌を永続させることが出来ます。また、レーザー脱毛は体毛の毛質に関係無く処理出来ることから、均一的な仕上がりに出来るのも魅力の一つです。脱毛処理を繰り返す必要が無くなるので肌に負担がかからず、炎症や角質化などの不具合に悩むこともありません。レーザー脱毛は最も効果的な処理方法ですが、日焼けやかさぶたなど肌の色が濃くなっていると利用出来ない点を注意します。また、レーザー脱毛の機器は医師免許の所持者以外は使用出来ないので、美容外科などの医療機関でのみ実施が可能なことも併せて把握する必要があります。

医療レーザー脱毛は効果が高い施術方法で、サロンの光脱毛とは異なり永久脱毛に相当します。個人差はありますが、5~6回程度の施術回数でムダ毛の無いツルツルでスベスベな肌になれます。