切開不要でバストアップ!脂肪注入で理想のサイズに!


切開の必要がなく安心

バストアップの方法というと、いわゆるバッグ挿入を行うやり方が有名ですよね。ただ、挿入に際して皮膚の切開を行うため、傷跡が残ってしまうデメリットがあります。傷は残したくなく、そんな時には脂肪注入が打って付けと言えます。注入作業に注射を用いて行うことで、傷になってしまう心配がありませんし、パートナーにバレてしまう不安もなくなります。また、自分の脂肪を使うために、異物を入れずに済む安心感を持てるのも魅力でしょう。

ナチュラルな見た目と感触

脂肪を入れる場合は、見た目に自然さがあるのも大きな魅力です。シリコンバッグなどの人工物を用いる時と違って、脂肪はバストへの馴染みが抜群で不自然さがありません。ありがちな段差ができるというトラブルの心配もなく、ナチュラルなバストを手に入れられます。微調整も可能となっているため、左右均等のサイズ感も実現しやすいでしょう。触り心地においても、ごく自然です。異物を入れているわけではないため、触った時の感触は天然のバストそのものです。

気になる部分のサイズダウンができる

注入する脂肪は自分の体から採取しますが、多くの場合はお腹や太もも、お尻などが選択されています。これらは女性が脂肪を気にしやすい箇所であり、余っている脂肪を再利用するのが脂肪注入という施術です。これによって、サイズダウンの効果を得られるのも、脂肪注入ならではの良さでしょう。余分な脂肪を取り除くことで引き締め効果がもたらされます。バストアップをしつつ、お腹などの膨らみが小さくなるため、メリハリのあるボディづくりにも役立ちますよ。

初期の豊胸手術は胸部にシリコンを挿入して膨らませる方法が主流でしたが、体内でシリコンが漏れる不具合がありました。現在は封入した生理食塩水の袋を入れるので、漏れても体への悪影響が殆どありません。