ほくろを消したい!ほくろの除去方法とメリット・デメリットについて


ほくろは除去できる?

ほくろは生まれつき体のいたるところにありますが、場所やほくろの大きさによってはコンプレックスを抱えている人も少なくありません。
そんなほくろは実は除去することができ、自分で除去したり美容クリニックなどで除去することが可能です。いずれの場合もメリットやデメリットがあるものの、基本的にはどのようなほくろであっても除去する方法はあるので、コンプレックスを抱えている人やほくろが悩みという人は除去してみるのも一つの方法だとされています。

ほくろを除去する方法と料金について

ほくろの除去方法は、自分で行う民間療法と美容クリニックで行う医療的な方法の2種類があります。
自分で除去する場合はお灸や除去クリームを使う方法のほか、カソーダと呼ばれるものを作って塗る方法が挙げられます。いずれも市販されているものを購入するだけなのでそこまで費用は掛からないものの、あまりに大きなほくろの場合は効果がないので注意が必要です。
美容クリニックではレーザー治療が代表的で、ほくろに蓄積しているメラニンを焼き切るというものになります。費用は5千円から2万円程度で、全て自己負担となっています。

ほくろ除去のメリットデメリット

ほくろを除去するメリットとしては、精神的なコンプレックスを解消することができる点が大きいです。また美容クリニックでしてもらう場合は痛みがほとんどありませんし、施術時間も短いので短時間でコンプレックスを解消できる点は大きなメリットと言えます。
デメリットとしては美容クリニックの場合は費用が掛かる点や治療後の肌トラブル、自分で行う場合は確実性がない点や自己責任が挙げられます。

自分ではお手入れしてもなかなか改善することのできない毛穴のトラブルですが、皮膚科で毛穴のピーリングをすることで黒ずみや開きを治し綺麗なお肌に戻すことができます。